Bluetooth Cable with MMCX Connector 02

このポストでは前述したBluetooth MMCXケーブルの操作方法などをご紹介します。

このBluetooth MMCXケーブルには取扱説明書がなくカタログスペックなど詳細情報がどこにもなかったため、手探りで判明したものを記載しています。
少々技術的な記述が加わり長文で操作、機能面の網羅性、正確さに乏しいかもしれません。予めご了承ください。

※執筆時点でbluetoothでwireless化するのは高音質(ハイレゾ)指向の方には不向きです。wired運用されることをお勧めします。

Bluetooth

Bluetooth ver. 4.1で下位互換、接続持続性、無線出力(class 2)は他のBluetoothデバイスと同じです。確認したprofileはDUN / HFP / HSP / A2DP / OPPです。

Bluetooth SIGに準拠したデバイス(iOSデバイス / Android端末 / macOS / フィーチャーフォンなど)で使用可能です。

マルチペアリングは8台まで、マルチポイントは2台まで設定可能です。

マルチポイントの使用は2台のデバイスにそれぞれペアリングした後、このケーブルの通信範囲にあれば自動的に、或はそれぞれのデバイスから任意に接続できます。
2台目のデバイスが接続されると電子音の後に「second device connected」とアナウンスが流れます。切断されたときは1台だけ接続しているときと同じく電子音の後に「disconnected」と流れます。

※電子音はバリエーションがありますが、その全てを文字に起こすと煩雑になるためここでは単に「電子音」と表記するに留めます。

一部のBluetoothデバイスのように2台同時に同じprofileを使用することはできません。1台目がA2DPを使用すると2台目は他のprofileを使用します。

A2DP Codec

A2DPのcodecについてはSBCのみでAAC / aptXは非搭載です。
これはiPhone、iPad、aptXを有効にしたmacOS、aptXを持つAndroidデバイスで確認した結果です。
SCMS-Tなどの暗号化通信の実装については非検証です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn